【情報ライブ・キムラ屋】若者を襲う老眼

こんにちは、情報ライブ・キムラ屋の木村です!

スマホを長時間使用し続けることで、あたかも老眼のように、目のピントが合わなくなってしまう「スマホ老眼」という、身近で怖い目の病気が流行り始めたようです。

週刊ポストさんの紙面から抜粋させていただきましたので、お読みいただいて注意をしてください。

今、「スマホ老眼」が急に社会を騒がせ始めているのは、シニアに限らず10代からのあらゆる世代で発症するからだ。

では、どうすればスマホ老眼を防げるのか。

もちろんスマホの使用時間を減らすことが先決だ。

厚労省が2002年に改訂した、IT技術者向けに示した労働指針「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」で連続作業時間1時間を超えないことが望ましいとしたが、同様に、時間制限を主張する医師も多い。

吉祥寺森岡眼科の森岡清史・院長が語る。

「長時間のスマホ視聴を抑えるだけでなく、スマホを見ている途中にいったん視線を離し、窓の外の看板や離れた場所にあるものを意識して見るのが重要です。視線をずらすことで、こわばった毛様体筋をリラックス、ストレッチさせる効果が期待できます。

例えば、5秒間スマホを見てから5秒間、3メートル離れた時計を見る。

これを1分繰り返しましょう。最低、1時間に1回の割合で行ないましょう」

 

読むだけで怖いなと思ってしまいます。

現在、小さいお子様もスマホやタブレットを近い距離で使用しています。

管理が出来ずに幼少期からのメガネは可愛そうです。

私が小さい頃、ファミコンをしている時、両親にかなり強くテレビとの距離を言われました。

手に持って使用するので、距離は自ずと近くなるのは否めません。

ですので、上記の記事にもあったように、休憩を入れながらの使用が望ましいと思われます。

 

 

ブログ求人広告2

ブログ広告3


スマホ堂 徳島本店 
住所 徳島県徳島市矢三町3丁目1-76(google map)
電話番号 088-679-9671
営業時間 11:00〜20:00
定休日 年末年始のみ

スマホ堂 徳島駅前店 
住所 徳島県徳島市両国本町1丁目36-1(google map)
電話番号 088-624-8141
営業時間 11:00〜20:00
定休日 火曜日・年末年始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る